×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スーチーパイアドベンチャー ドキドキナイトメア

「美少女雀士スーチーパイ」は、キャラクターデザインにアニメ、「ガルフォース」や、漫画、 「ガンスミスキャッツ」などを手がけた、園田健一氏を起用したSFC用ソフトとして発売された。

人気があった本作は、脱衣麻雀としてリメイクされ、アーケードで「アイドル雀士スーチーパイ」としてデビュー。 その後、家庭用にアレンジ移植され、好評を博した。

翌年には続編である「アイドル雀士スーチーパイU」もアーケード、家庭用で発売。OVAも製作され、 ラジオ番組も放送開始。人気を不動のものとした。

で、このシリーズのヒロイン達をスピンオフしたのが本作、「スーチーパイアドベンチャー ドキドキナイトメア」である。

タイトルに示されているように、ジャンルは今までと違いアドベンチャーとなっている。

ある日のこと、ゲームセンターで遊んでいると、女性店員が馴れ馴れしく話しかけてくる。
彼女の名前は御崎恭子。このシリーズのヒロインである。
恭子は暇つぶしに主人公を連れ出して、外に遊びに行こうとする。
店外に出ようとした瞬間、誰かがぶつかってきた。
恭子が言うには、お店の常連客である女子高生、二ノ宮ことりという娘らしい。

気を取り直して、街に出て恭子と共に彼女の友人たちに会うのだが、 その娘たちというのは、今までのシリーズに出てきたキャラクターたちで、 256億円をかけて改造された、サイボーグ女性自衛官や 、殺人的に不味いパイを食べさせる、パイ店の店長といった、 個性的というより、一筋縄ではいかないといった感じの娘たちである。

そんなことがあった翌日、恭子が血相を変えてやってきた。
昨日会った娘たちが、昏睡状態に陥ってしまったらしい。
翌日、さらに翌日と、主人公に出会った娘たちは次々にこうなってしまう。
一時は主人公に疑惑の目を向けられたが、恭子と共に事件を調査するうちに、背後にリリムという娘が関わっていることを 突き止め、彼女の魔手から仲間たちを守る為に奔走する。

と、こんなストーリーで、基本的に出会った娘たちと会話し、フラグを立て、 リリムの襲撃を予想し、先回りして防いでいくのが大まかな流れ。

また、本編中は「サクラ大戦」などで知られる松原秀典が作画監督を 努める美麗なアニメが随時挿入される。

やがて、最後の決戦として、リリムとの直接対決に挑むことになるのだが、ある条件を満たすと、麻雀で勝負することになり、 シリーズの変身ヒロインたちが勢ぞろいして、おなじみのイカサマ技 をみんなで叩き込んで、倒すのは爽快である。(トリプル役満も珍しくない)
フラグを立て終わり、特定の娘と高感度が高い状態でエンディングを迎えると、 個別のエピローグが流れる。

そして、ディスク2では、恋を成就させてクリアしたヒロインとデートできる デートモードや、複数人で対戦できる、3種のミニゲームなどを楽しむことが出来る。
(そのうちのひとつが、同ジャレコのぶたさん!)

本来、脱衣麻雀のヒロインというのは、脱衣というギミックのために 生み出された、使い捨ての日陰者の存在だった。
しかし、スタッフのいたれりつくせりのサービス精神と、キャラクターへの並々ならぬ愛情が注ぎ込まれた このシリーズは、スーチストと呼ばれる熱心なファンを生み出した。
製作者サイドの熱意と、ファンが共鳴した良い成功例だと思う。

個人的評価 ☆☆☆☆

独断と偏見のゲーム紹介に戻る

このホームページの無断転載は固く禁じております。
copy right all ほりぃ