×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

李紅蘭

李紅蘭は中国の裕福な名家の娘として生まれたが、戦乱によって両親と死別し、 幼くして孤児となった。
引き取られた家で苦境に耐えながら、時計などの機械を分解して元に戻したりして遊んでいるうちに、 自然と機械工学の基礎を身に付けていった。

その能力と高い霊力を、悪の秘密結社黒之須会と戦う帝國華撃団の藤枝あやめに買われ、 日本へとやってきた。

セミロングの髪を二本のみつ編みに束ねて、そばかすが残る顔にまあるい大きなメガネを掛け、 華奢な体に真紅のチャイナドレスをまとい、関西弁で陽気に話すその姿は、どこかフェティッシュであり、 そしてコケティッシュでもある。

華劇団では、女優として舞台に立ったり、戦場に赴いて命がけで戦ったり、主力兵器である光武の 開発から整備まで手がけるなど、八面六臂の大活躍である。

そんな激務の間を縫っての息抜きが、やっぱり発明だったりするところに、彼女の偏執的ともいえる こだわりが見える。
(作っている最中や使用中に、必ずと言っていい程大爆発を起こすが、なぜか無事。)

しかしながら、そんなに発明にのめり込むのも、ちゃんとした理由があって、幼い頃に憧れた 初恋の人と交わした、飛行機を作って空を飛ぶという約束を果たす為なのだ。

普段は陽気なムードメーカーとして、笑いを取って周囲を和ませている陽気な彼女が、 親しくなった主人公(プレイヤー)だけにそっと覗かせてくれる愁いを帯びた素顔。
亡くなった相手との約束を果たす為、真摯に発明に取り組むその姿を見た時、 彼女の持つ純粋で気高い思いが感じられて、たまらない程愛しくなる。

一見すると、発明好きのメガネッ娘という、すでに使い古された感もある 典型的なキャラパターンに感じられるが、掘り下げていくうちに、他の浅薄な十把一絡げ の発明好きのメガネッ娘とは明らかに違う、信念を持って自立して生きている 一人の女性として描かれている。

ビビットな表の顔が印象に残る彼女だからこそ、周りの気づかない 彼女の中の素顔を手に入れた時、プレイヤーは狂おしいほどに高揚感 を覚えるのだ。
セガは萌えているかに戻る
このホームページの無断転載は固く禁じております。
copy right all ほりぃ